お風呂のしつこい水垢を簡単に落とす方法 | 定期清掃のハウスクリーニング クリーンプラネット

TOP >  Blog > 日記 > お風呂のしつこい水垢を簡単に落とす方法

お風呂のしつこい水垢を簡単に落とす方法

毎日のお風呂は気持ちよく入りたいものですが、水垢が何とかならないだろうかと感じている人は多いといえましょう。気持ちよくお風呂を使うためにも、水垢を撃退しましょう。


重曹やクエン酸を使って落とせる?

浴槽に生じる水垢の正体は、水道水に含まれるミネラルやカルシウム、塩素などの成分が乾燥して固まったもので白い色をしているのが特徴です。これは歯でいう歯石のようなもので頑固にこびり付いているので簡単に落せない、諦めて放置している人も多いといえましょう。浴槽の水垢は、物理的に削ぎ落す方法とクエン酸や重曹などを使って落とす方法が考えられます。ただ、長期間放置していると範囲および層が厚くなっているので結構大変な作業になりかねません。

重曹は研磨効果を持ち、人体に無害なものなので浴室に使うのも安心です。スポンジに重曹を付けて磨けば層が薄いものであれば比較的簡単に落とすことができます。重曹でも落とせないような厚みになっているものはクエン酸やお酢を使うのが効果的、その理由の中には水垢はアルカリ性の性質があるので、クエン酸やお酢の酸性成分が化学反応を起こして柔らかくなります。

汚れを浮き上がらせて取り除くイメージ

重曹を使って落とせるお風呂の水垢は、層が比較的薄い場合です。スポンジに重曹をつけてお風呂の水垢を研磨するイメージで行えば取り除くことができますが、重曹は研磨剤のようなものですから余りつけ過ぎてしまうと細かな傷が付きやすいので注意が必要、スポンジもメラミンスポンジやスチールウールなどを使うと素材により傷が付く恐れがあることを把握しておきましょう。なお、お風呂の水垢を発見したとき、その部分に重曹を付けてしばらく放置してからスポンジでこすると落ちることもあるので試すと良いでしょう。

頑固なものは、お酢やクエン酸が役立つ存在になってくれます。クエン酸などを使う場合も重曹と同じように水垢が出来ている部分に付けて暫くそのままにしておきます。このとき、クエン酸などの水分が乾燥しないようにラップなどで覆っておくのがコツ、クエン酸の酸性成分が水垢のアルカリ成分を柔らかくするので、スポンジでこするだけで落とせることがあります。

まとめ

お風呂の水垢の正体は水道水に含まれる成分が固まったもの、重曹を使って落とせることもあります。重曹では落ちないような層が厚いものはクエン酸で退治するのがおすすめ、水垢が生じている部分にクエン酸を付けて乾燥しないように放置、暫くしてからスポンジでこすれば落とせることが多いのです。

経験を積んだプロのスタッフがお伺いします。お気軽にお問合せください。

tel:03-3819-8632

メールお問い合わせはこちら

スタッフ一同